訪問者数:

腰椎椎間孔狭窄 その後2022/03/24 23:59

今日、腰椎椎間孔狭窄の病院へ行ってきた。

前回、神経ブロック注射を打ってから徐々に痛みも和らぎ15分程度の歩行も出来る様になった。

それらの経過を医師に報告をして、今後の治療方針を聞いてきた。

私;なぜブロック注射をしても痛みが取れないのか?この痛みを完全に取りたいので、またブロック注射をしてもらえないか?

医師;ブロック注射は同じ神経に何度も出来ない。○○さんの椎間孔狭窄は微妙で症状の場所が微妙にずれたのかも。
末梢神経障害で骨盤の中に痛みが出る時もある。これを絞扼性(こうやくせい)末梢神経障害と言う。
画像上は腰自体5番以外に異常はないので診断をつけづらい。
いずれにしても手術の対象にはなりづらい感じがするので薬でねばるのが良いでしょう。

私;会社の人間に腰椎椎間孔狭窄(その他も)で手術をし、その後腫瘍が見つかった者がいるのだが、私はどうでしょう? また、他の神経にブロック注射をやるって事は考えていませんか?

医師;○○さんには腫瘍はありません。(断言していた)
画像上他に異常がみられないので他の神経にブロック注射はしないで、局所注射の方が良いでしょう。
これは簡単に出来るのて今日やりますか?

私;はい。お願いします。

という事で、右股関節辺りに炎症止めの局所注射をして、大量の薬を処方してもらい今回は終了。

そして、薬を飲み続け5月2日に再度診察を受ける。その際、薬のなんちゃらかんちゃらチェック(よく聞き取れなかった 汗)の為、採血をするそうだ。

以上おしまい!


.

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kimagurekazekko.asablo.jp/blog/2022/03/24/9475475/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。